蜜蜂と遠雷

Pocket

蜜蜂と遠雷

恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」が、『王様のブランチ BOOK RANKING』にて2017年度の年間ランキング第5位に選ばれていました。

 

こちら >> 蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ]

 

この作品は「直木賞」と「本屋大賞」をW受賞したことでも知られています。

さらに恩田陸さんは「夜のピクニック」でも本屋大賞を受賞しており、一人の著者が本屋大賞を2回受賞するのも初めてなのだそうです。

 

この小説に描かれているテーマは “音楽(ピアノコンクール)” です。

 

そのコンクールで演奏される “天才たち” の音楽をどのように文字で表現するのか、そういった部分も注目される作品です。

 

読んだ人は、行間から聴こえる音楽に “才能とはいったい何なのか” を知ることになります。

 

黒と茶の幻想(上) (講談社文庫) [ 恩田 陸 ]

黒と茶の幻想(上) (講談社文庫) [ 恩田 陸 ] 748円(税込)【送料込】

楽天ブックス

講談社文庫 恩田 陸 講談社クロトチャノゲンソウジョウ オンダ リク 発行年月:2006年04月15日 予約締切日:2006年04月08日 ページ数:400p サイズ:文庫 ISBN:9784062749459 恩田陸(オンダリク) 1964年宮城県生まれ。第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった『六番目の小夜子』で’92年にデビュー。’05年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞を受賞。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジーなど、あらゆるジャンルで活躍し、物語の圧倒的な魅力を読む者に与えてくれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 太古の森をいだく島へー学生時代の同窓生だった男女四人は、俗世と隔絶された目的地を目指す。過去を取り戻す旅は、ある夜を境に消息を絶った共通の知人、梶原憂理を浮かび上がらせる。あまりにも美しかった女の影は、十数年を経た今でも各人の胸に深く刻み込まれていた。「美しい謎」に満ちた切ない物語。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 文庫 小説・エッセイ

愚かな薔薇 [ 恩田陸 ]

愚かな薔薇 [ 恩田陸 ] 2,200円(税込)【送料込】

楽天ブックス

恩田陸 徳間書店オロカナバラ オンダリク 発行年月:2021年12月24日 予約締切日:2021年12月11日 ページ数:592p サイズ:単行本 ISBN:9784198653477 恩田陸(オンダリク) 1964年生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、『ユージニア』で日本推理作家協会賞、『中庭の出来事』で山本周五郎賞、『蜜峰と遠雷』で直木賞と本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 夏が近づく季節、母方の故郷・磐座を訪れた奈智。十四歳になると参加することになる二か月に及ぶ長期キャンプは、「虚ろ舟乗り」の適性を見極めるためのものだった。キャンプの本当の目的とはー。14年の連載を経て紡いだ美しくもおぞましい吸血鬼SF。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行

ブラック・ベルベット [ 恩田 陸 ]

ブラック・ベルベット [ 恩田 陸 ] 743円(税込)【送料込】

楽天ブックス

恩田 陸 双葉社ブラック ベルベット オンダ リク 発行年月:2018年06月14日 予約締切日:2018年05月02日 ページ数:384p サイズ:文庫 ISBN:9784575521160 恩田陸(オンダリク) 1964年宮城県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。91年『六番目の小夜子』が第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作に選ばれ、デビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞、06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞、17年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞と第14回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 東洋と西洋の交差点、T共和国。外資製薬会社の凄腕ウイルスハンター・神原恵弥が訪れた目的は、夢のような鎮痛剤と噂される「D・F」についてある人物から情報を得ることと、T共和国内で消息を絶った女性科学者を捜索すること。そしてもう一つは、密かに恋人関係にあった橘浩文と再会することだった。国内で見つかったという黒い苔に覆われた死体、女性科学者の足取り、「D・F」の正体、橘の抱える秘密…。すべての背景が明かされて浮上する、驚愕の事実。好評シリーズ第三作! 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 文庫 小説・エッセイ

蜜蜂と遠雷(下) (幻冬舎文庫) [ 恩田 陸 ]

蜜蜂と遠雷(下) (幻冬舎文庫) [ 恩田 陸 ] 869円(税込)【送料込】

楽天ブックス

幻冬舎文庫 恩田 陸 幻冬舎ミツバチトエンライゲ オンダリク 発行年月:2019年04月10日 予約締切日:2019年03月13日 ページ数:512p サイズ:文庫 ISBN:9784344428539 恩田陸(オンダリク) 1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、06年「ユージニア」で日本推理作家協会賞、07年「中庭の出来事」で山本周五郎賞、17年「蜜蜂と遠雷」で直木三十五賞と本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた…。12人が残る3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進むのは誰か。そして優勝を手にするのはー。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 文庫 小説・エッセイ

朝日のようにさわやかに (新潮文庫 新潮文庫) [ 恩田 陸 ]

朝日のようにさわやかに (新潮文庫 新潮文庫) [ 恩田 陸 ] 737円(税込)【送料込】

楽天ブックス

新潮文庫 新潮文庫 恩田 陸 新潮社アサヒノヨウニサワヤカニ オンダ リク 発行年月:2010年06月01日 予約締切日:2010年05月25日 ページ数:384p サイズ:文庫 ISBN:9784101234205 恩田陸(オンダリク) 1964(昭和39)年、宮城県生れ。早稲田大学卒。’92(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、’06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞を、’07年『中庭の出来事』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞した。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 水晶の夜、翡翠の朝/ご案内/あなたと夜と音楽と/冷凍みかん/赤い毬/深夜の食欲/いいわけ/一千一秒殺人事件/おはなしのつづき/邂逅について/淋しいお城/楽園を追われて/卒業/朝日のようにさわやかに 葬式帰りの中年男女四人が、居酒屋で何やら話し込んでいる。彼らは高校時代、文芸部のメンバーだった。同じ文芸部員が亡くなり、四人宛てに彼の小説原稿が遺されたからだ。しかしなぜ…(「楽園を追われて」)。ある共通イメージが連鎖して、意識の底に眠る謎めいた記憶を呼び覚ます奇妙な味わいの表題作など全14編。ジャンルを超越した色とりどりの物語世界を堪能できる秀逸な短編集。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 文庫 小説・エッセイ

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫) [ 恩田 陸 ]

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫) [ 恩田 陸 ] 869円(税込)【送料込】

楽天ブックス

幻冬舎文庫 恩田 陸 幻冬舎ミツバチトエンライジョウ オンダリク 発行年月:2019年04月10日 予約締切日:2019年03月13日 ページ数:456p サイズ:文庫 ISBN:9784344428522 恩田陸(オンダリク) 1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、06年「ユージニア」で日本推理作家協会賞、07年「中庭の出来事」で山本周五郎賞、17年「蜜蜂と遠雷」で直木三十五賞と本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。その火蓋が切られた。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 文庫 小説・エッセイ

エンド・ゲーム 常野物語 (集英社文庫) [ 恩田陸 ]

エンド・ゲーム 常野物語 (集英社文庫) [ 恩田陸 ] 792円(税込)【送料込】

楽天ブックス

常野物語 集英社文庫 恩田陸 集英社集英社文庫 夏の文庫フェア2009 ミステリ ホラー エンド ゲーム オンダ,リク 発行年月:2009年05月 予約締切日:2009年05月18日 ページ数:363p サイズ:文庫 ISBN:9784087464320 恩田陸(オンダリク) 1964年、宮城県生まれ。早稲田大学卒業。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2005年「夜のピクニック」で第23回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞を受賞。06年「ユージニア」で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。07年「中庭の出来事」で第20回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 『あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。『遠目』『つむじ足』など特殊な能力をもつ常野一族の中でも最強といわれた父は、遠い昔に失踪した。そして今、母が倒れた。ひとり残された時子は、絶縁していた一族と接触する。親切な言葉をかける老婦人は味方なのか?『洗濯屋』と呼ばれる男の正体は?緊迫感溢れる常野物語シリーズ第3弾。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 文庫 小説・エッセイ

蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ]

蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ] 1,980円(税込)【送料込】

楽天ブックス

恩田陸 幻冬舎BKSCPN_【bookーfestivalーthr】第156回直木賞 ミツバチ ト エンライ オンダ,リク 発行年月:2016年09月 予約締切日:2016年09月20日 ページ数:507p サイズ:単行本 ISBN:9784344030039 恩田陸(オンダリク) 1964年、宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞および第2回本屋大賞を受賞。06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞を受賞。07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行

図書室の海 (新潮文庫) [ 恩田陸 ]

図書室の海 (新潮文庫) [ 恩田陸 ] 649円(税込)【送料込】

楽天ブックス

新潮文庫 恩田陸 新潮社トショシツノウミ オンダ リク 発行年月:2005年06月26日 予約締切日:2005年06月25日 ページ数:320p サイズ:文庫 ISBN:9784101234168 恩田陸(オンダリク) 1964(昭和39)年、宮城県生れ。早稲田大学卒。’92(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を受賞した。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 春よ、こい/茶色の小壜/イサオ・オサリヴァンを捜して/睡蓮/ある映画の記憶/ピクニックの準備/国境の南/オデュッセイア/図書室の海/ノスタルジア あたしは主人公にはなれないー。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々語り継がれる“サヨコ”伝説に関わる使命を…。少女の一瞬のときめきを描く『六番目の小夜子』の番外篇(表題作)、『夜のピクニック』の前日譚「ピクニックの準備」など全10話。恩田ワールドの魅力を凝縮したあまりにも贅沢な短篇玉手箱。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 文庫 小説・エッセイ

恩田陸 白の劇場 (文藝別冊) [ 河出書房新社編集部 ]

恩田陸 白の劇場 (文藝別冊) [ 河出書房新社編集部 ] 1,540円(税込)【送料込】

楽天ブックス

文藝別冊 河出書房新社編集部 河出書房新社オンダリクシロノゲキジョウ カワデショボウシンシャヘンシュウブ 発行年月:2021年02月17日 予約締切日:2021年01月07日 ページ数:296p サイズ:ムックその他 ISBN:9784309980263 本 人文・思想・社会 文学 文学史(日本)

楽天ウェブサービスセンター